委託訓練イメージ

学院外で実施する訓練(委託訓練)コースのご紹介

 当学院では、厳しい雇用情勢のなか、求職中の皆様の求職ニーズに迅速かつ効果的に対応した職業訓練の受講機会を確保するため、専修学校・各種学校、企業等の民間教育訓練機関などに委託して公共職業訓練を実施しています。
 委託訓練では、長期高度人材育成として、介護福祉士や保育士の資格取得に向けた分野や、情報通信の知識、技術力、知見を学び、専門職学位課程の修了を目指すIT実践分野などの2年コースを開設するほか、知識等取得コースとして、パソコン、総務・経理、医療事務、介護などの基礎を学ぶ短期(2~6ヵ月程度)の訓練コースなど、公共職業訓練として、再就職につなげる多彩な訓練コースを設定しています。
 さらに、即戦力を目指しキャリア育成を図るため、座学と、企業での実習を組み合わせたコース(デュアルシステム)も実施しています。

 お申し込みに当たっては、下記の各コースの募集要項をご覧いただき、原則として居住地を管轄する公共職業安定所(ハローワーク)で面談のうえ、「入学願書」に必要事項を記入し申し込んでください。
 なお、選考は、各訓練場所で行う「筆記試験、面接」により行います。筆記試験については、中学校卒業程度の国語・数学が基本ですが、コースによってはその分野の基礎用語や時事問題等が出題される場合があります。

 ※募集要項は、募集期間内にあるコースのみ、リンクをクリックしてご覧いただけます。
 ※参考サイト:兵庫県能力開発課「民間の教育施設や企業等で行う委託訓練」